ツゲイン10(ミノキシジル10%)

ツゲイン5(ミノキシジル5%)

ツゲイン2(ミノキシジル2%)

 

 

 

 

 

 

ツゲインに関する解説【通販リセントリー】

ツゲイン10%は、ミノキシジルを10%という大容量で配合しているため、十分すぎるほどの効果があり、驚くほどの速さで効果を実感していただけると思います。リアップ(日本)やロゲイン(米国)の後発医薬品です。ツゲインには成分音の大きさが異なる2%、5%、10%の強度があり、自分の症状に合った製品でAGAを治療することが可能です。

ツゲインはミノキシジルを有効成分とし、日本ではCMでよく見かけるリアップと同じカテゴリーの育毛剤で、アメリカではロゲインという名前で販売されています。主成分はミノキシジルで、頭皮にスプレーしてマッサージすることで簡単に毛根を刺激し、頭皮の血行を促進します。頭皮に直接スプレーして揉み込むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬なので、初めて使用する方でも簡単に使用することができます。

ミノキシジル外用剤は内服薬と異なり、頭皮に簡単に塗布できることを目標としており、開発技術も高価で、効果も期待できます。ツゲインは、シプラ社(インド・ムンバイ)が商品化した、世帯主も奥様も使える育毛剤で、乏しい髪や発毛に効果がある「リアップ(純日本風)」「ロゲイン(米国)」の後発医薬品です。ミノキシジルは、以前は高血圧の治療薬として使われていました。しかし、副作用として発毛を依頼する作用があることがわかり、現在は主にこの作用のために使用され、取り入れられています。

ミノキシジルは男性型脱毛症の女性にも有効ですが、5%以上のミノキシジルは高濃度のため使用できません。女性の場合、ミノキシジルの濃度はこちら2%から使用できます(全国では1%)。ミノキシジル2%配合のツゲイン2のご相談にお越しください。ツゲインは、通信販売と個人輸入でのみ購入できるロゲインのジェネリック医薬品です。ミノキシジルが配合されており、発毛に働きかけ、AGA(男性型脱毛症)を改善します。

ツゲン10%は、インドに本社を置くシプラ社が監修・販売しています。リアップの2倍のミノキシジルが配合されており、生え際への効果も期待できます。ツゲン単体でも目に見えて効果がありますが、より良い発毛のためにはAGA内服薬であるフィナステリドと併用することが推奨されています。

ツゲン10%は、日本でも薄毛治療薬として有名なリアップやロゲインの海外版ジェネリック医薬品です。ミノキシジル5%配合のリアップX5に比べ、ツゲイン10%はミノキシジル10%と高濃度であるため、より強力な効果が期待されます。日本で販売されているリアップは有効成分が最大5%しか入っていませんが、ツゲイン10%はその2倍の10%のミノキシジルが入っているため、驚異的な育毛効果が期待できるわけです。

ツゲイン2%は効能が弱く、あまり期待できません。髪の量が少ない方や抜け毛が気になり始めた方で、初めてツゲインを使用する方に向いています。さらに、作用が軽減されて記載されているツゲイン2%は、髪の少ない女性(FAGA)の治療にも使用することが可能です。女性は男性よりもデリケートなため、2%以上の濃度のミノキシジルを使用することはできません。