ジスロマック500mg

アジー1000mg(ジスロマック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ジスロマックに関する解説【クスリロイヤル 通販】

ジスロマックは、現在クラミジア治療において最も広く使用されている抗生物質です。ジスロマックがクラミジア治療の最有力候補として推奨される理由のひとつは、原因菌に対する優れた有効性にあります。その独自性と長年にわたって効果を維持する能力により、病原体が増殖しようとする形態を見逃さずに抗菌作用を発揮するだけでなく、病原体が増殖すること自体を防ぐという最も重要な役割を担っているのです。このジスロマックの強い効能により、接触感染率が高く複雑な病気であるクラミジアを高い確率で治療することができるのです。

細菌は増殖すると、百発百中でタンパク質を合成する。人間と同じように、細菌の様式は主にタンパク質で構成されています。ジスロマックは、タンパク質を生成する器官であるリボソームの働きを阻害する薬である。リボソームに結合することで、その中身を邪魔するのです。原因となる細菌のみに作用するため、体への悪化が少なく、回復も2~3日~2週間と早いこともジスロマックの人気の理由です。

ジスロマックは比較的新しいマクロライド系の抗菌薬で、同系統の他の薬に比べ、胃酸で失活せず、体内に高濃度で長期間とどまることができ、多くの場合、高い効果が期待できます。安全性が高く、妊婦でも体内に取り込むことができると言われています。ジスロマックは市場でも高い評価を得ており、個人輸入代行による通販で購入することができます。

ジスロマックは性病以外にも歯周病や呼吸器系の疾患、皮膚炎、尿路感染症など意外な症状の治療にも使用されます。強力な経口抗生物質シリーズです。粉末をミネラルウォーターに溶かすことで、強力な殺菌効果を発揮します。歯周病や肺炎マイコプラズマにも高い効果が認められており、多くの接触感染症の治療にも有用です。

アジスロマイシンを有効成分とする初のマクロライド系抗生物質です。クラミジア治療の中心的な薬剤として知られ、ファイザー社が創製・販売しています。ジスロマックを大量生産したファイザーは、「理想の薬を大量に世の中に提供する」というコミットメントを果たすため、2013年には売上高で業界No.1の製薬会社となりました。

ジスロマックは細菌のリボソームのみに選択的に結合し、ヒトのリボソームには作用しません。アジスロマイシンは後輩の細胞には悪影響を与えないので、ジスロマックは細菌にさえ有害な選択的毒性薬といえます。ジスロマックの有効成分であるアジスロマイシンは、マクロライド系の抗生物質です。細菌の70Sリボソームの50S第2、第3の仲間に結合し、タンパク質の合成を阻害します。

アレルギーを起こしにくいとされているので、ペニシリン系やセフェム系の抗生物質にアレルギーがあり、取り入れることができなかった人もジスロマックに同意することができます。ジスロマックはファイザー社が創製・販売している、クラミジアや淋菌などの細菌による接触感染症に有効なマクロライド系抗生物質で、アジスロマイシン水和物が主成分と考えられています。接触感染症は、体内に細菌が浸潤し、拡散することで発現する。特に淋病やクラミジアなどの感染症は、他人との接触で配偶者に感染する可能性があるため、確実に細菌を死滅させる必要があります。