フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィナロイドに関する解説【通販ヘルパー】

フィナロイドは、いつ服用するかなど禁止事項が少ない薬です。フィナステリドを服用するのに最適な機会は、1日のうちで限られた時間帯です。これは、体内のフィナステリドの有効成分が特定の時間帯に保護されることがあるからです。筋肉の膨張などを促進する男性ホルモンであるテストステロンは、体内の5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、強力な男性ホルモンであるDHTに変換されます。フィナロイドは、この5αリダクターゼを阻害することで、DHTを減少させます。

フィナロイドはプロペシアのジェネリック医薬品で、どちらもフィナステリドを1mg含んでいる点では同じです。しかし、金額的にはフィナロイドはプロペシアの5分の1程度の販売価格で購入することが可能です。フィナロイドの有効成分であるフィナステリドは、成人男性にとって安全な薬です。ただし、子作りを考えている男性は、フィナステリドを濃縮した薄毛を誘発するため、1~2ヶ月は服用を控えて、老化を防ぐ必要があります。

有効成分フィナステリドは、毛根の毛乳頭細胞にある5αリダクターゼ酵素の働きを阻害し、男性ホルモンのテストステロンが脱毛症の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのを抑制する作用があります。フィナステリドは1日1mgを限度とします。仮に容量を増やして服用しても優れた効果は得られず、副作用が出る可能性が高くなるため、摂取量を維持することが大切です。

フィナロイドは抜け毛を抑制する内服薬で、日本で流通しているプロペシアやフィナステリド錠と同じ成分を含むジェネリック医薬品です。有効成分のフィナステリドは、男性に特有のAGA(男性型脱毛症)の順番で時間をかけて効果を発揮します。脱毛の起こり方を先延ばしにするだけでなく、発毛を促進する働きもあります。ロゲインやリアップなどのミノキシジル系育毛剤と同時に使用することで、さらなる発毛効果が期待できます。

男性ホルモンの一種であるDHTは、胎児の男性器の発育に関与しています。そのため、男の子を妊娠中の女性がフィナステリドを服用すると、胎児の男性器の正常な発育が奪われる可能性があるため、注意が必要です。ファイナロイドの監修生産を行っているロイドラボラトリーズは、世界トップクラスの医薬品・医療機器メーカーです。世界トップクラスの技量取得説明書のログオンである「ISO9001」の認証取得を義務付けられているため、フィナロイドの安全性も保証されています。

DHT生成の取り締まり効果で皮脂の過剰分泌を緩和し、2型5-aリダクターゼのみに作用する性質があります。他のホルモンへの影響や副作用も極めて少ないのが特徴です。細くて短い髪が太くてまとまりのある静脈毛に変わった」「髪全体の量が減った」「有名な境界線とつむじのシミが消えた」という声が多く聞かれます。

フィンペシアは、フィナロイドと同じ成分の医薬品です。多少の違いはありますが、フィナロイドの方が安価なため、フィンペシアからフィナステリドに乗り換える方も多いようです。フィナステリドは素肌から染み出すことがあるので、妊婦さんはサポートだけでなく、接触しないように注意する必要があります。フィナロイドは1錠あたり1mgのフィナステリドが含まれており、30錠と100錠の用量があります。プロペシア1mgやフィンペシアと同じ効果があります。