ビマット(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

ルミガン(Lumigan)

ケアプロスト(ルミガン・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ビマットに関する解説【通販ディビジョン】

ビマットの有効成分を用いた臨床試験では、まつ毛の長さ、太さ、色の濃さの3項目すべてで成長が確認されています。臨床試験では、睫毛乱生症患者88名を対象とし、投与4カ月後のベースライン(治療前)からの平均変化率を観察され有効性が確認されました。ビマットは、ルミガンのジェネリック医薬品です。まぶたに使用することで、まつ毛を太く、長く、濃くすることができます。自まつ毛のボリュームを増やすため、マスカラやまつ毛エクステよりも負担が少なく、目力アップの効果が長く続くのが特徴です。

毛が抜けると、毛根は次の毛が生えてくるまで休止期を迎えます。毛髪の太さ、濃さ、長さは、成長期の長さに影響されます。休止期が短く、成長期が長いと、毛は十分な時間をかけて長く、太く成長します。ビマトプロストは、この成長期の期間を長くし、休止期を短くします。まつ毛が長くなって縮んでしまうという副作用が多発したため、発想の転換により、新しいまつ毛育毛剤「グラッシュビスタ」が開発されました。

ビマットには、虹彩やまぶた、目の周りの皮膚に色素沈着が起こるという副作用があります。この色素沈着は、継続使用により進行し、使用中止により徐々に改善することがあります。ビマットは、グラッシュビスタと同じ成分で、グラッシュビスタと同等の効果がありながら、価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。

緑内障点眼薬としてのルミガン、まつ毛育毛剤としてのグラッシュビスタは日本でも発売されており、多くの医療機関で使用されています。しかし、ルミガンやグラッシュビスタのまつ毛育毛剤の処方は、保険適用外のため高額になります。注意点としては、ビマトプロストは継続使用することでまつ毛の育毛効果が期待できますが、使用を中止すると数ヶ月でまつ毛の育毛効果が失われてしまうことです。まつ毛の育毛効果を持続させるためには、継続的な使用が推奨されます。

ビマットは、1日1回就寝前にアプリケーターでまつ毛に塗布します。上まぶたのまつ毛の根元にのみ使用し、皮膚が薄く色素沈着が起こりやすい下まぶたには使用しないでください。使用前にメイクを落とし、洗顔し、スキンケアを済ませてからご使用ください。コンタクトレンズは外してからご使用ください。

ルミガンのジェネリック医薬品であるビマットは、リーズナブルな価格で、まとめて注文すればするほどお得な、アジャンタファーマ社が製造・販売する医薬品です。ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、米国アラガン社で新たに合成された成分で、強力な眼圧作用を持っています。ルミガンのまつ毛育毛効果を検証した臨床試験では、0.03%のビマトプロストを投与した結果、77.3%の患者さんにまつ毛の育毛効果が認められました。ビマットも同程度の効果が期待できます。

まつ毛エクステンションやまつ毛パーマ、つけまつ毛は、手入れが大変で時間がかかり、まつ毛や周囲の皮膚に負担をかけることがあります。ビマットは、1日1回塗るだけで、まつ毛エクステをしなくても、華やかなまつ毛を手に入れることができます。ビマットは、まつ毛育毛剤「ルミガン」のジェネリック医薬品で、有効成分はビマトプロストです。すでに有名なルミガンやケアプロストと同じ効果を発揮します。