メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

 

 

メダナボルに関する解説【通販最安値ショップ】

メダナボルを使用して筋肉を鍛えることで、基礎代謝のサイクルと集中力が高まり、脂肪が燃焼され、下半身太りが解消されます。さらに、太りにくい体質へとシフトしていきます。そうすることで、短期間で理想のボディを手に入れることができるのです。ダイアナボルが提供されなくなると同時に、ジェネリックのメダナボルが登場し、現在でも多くのアスリートやボディビルダーに使用されています。

ステロイドとしてのメタンジエノンの仕事の歴史は、一度知られている最古のステロイドを作ったが、それは人気のある成分のままです。また、俳優やモデルが役柄などで体を切り替えるときに利用されます。投与日は数ヶ月に限定し、これ以上連続した投与は行わないようにします。また、再度取り込みを開始する場合は、薬剤を使用していた期間と同等の期間を空けてください。

メダナボル(MEDANAVOL)は、筋肥大しにくいアスリートにも有効で、薬を飲まずにトレーニングした場合と比較して、強化される筋肉量が10倍も違うことが分かっています。ホルモンの仲間ほどの体を取るのは、効果が高いことの裏返しでもありますが、副作用もあります。このアナボリックステロイドの副作用をケアするためにクロミッドやフィナステリドなどが使用されます。

メダナボルは他の製品よりも高い蛋白同化作用があり、それだけで通常の練習よりも短い期間で 2 倍の効果があると言われています。強力なテストステロンであるため、毛髪数の減少、リビドー増進、月経不順などの副作用が起こる可能性があります。蛋白同化ホルモンは、人工的に作られた男性ホルモン共通の質量物であり、その名の通り、蛋白同化作用のある男性ホルモン(テストステロン)の作用の増加を示します。摂取したタンパク質を筋肉に変えることで、通常よりも大きな筋肉増強効果や脂肪燃焼効果があるとされています。

米国で、一般のスポーツ選手とメダナボルの成分であるメタンジエノンを摂取したスポーツ選手を分け、6週間のトレーニングを行う研究が行われました。メタンジエノンを摂取しなかったアスリートは約0.3kgしか筋肉量が増えなかったのに対し、メタンジエノンを摂取したアスリートはおよそ3kgの筋肉量の増加が見られました。メダナボルは、1日20mg(2錠)を目安に摂取することが推奨されています。摂取後血中濃度が上昇し、概ね3~4時間後に低下するので、1回に2錠、3~4時間の間隔を空けて服用するのがよいでしょう。

メダナボルの成分であるメタンジエノンは、経口同化ホルモン薬に分類される物質です。使用方法としては、メダナボルは強力なステロイド剤なので、25mg~30mgでも十分な効果を得ることができます。すぐに体内の活性を失うステロイドなので、3~4時間おきに5mgを経口摂取するのがベストです。有効成分メタンジエノンは、タンパク質の完全な合成を刺激し、筋肉のサイズを増加させます。その効果は未摂取時の10倍と言われています。

メダナボルは、筋肉を短期間で増やし、筋肉増強の効力を高めることが期待できる筋肉増強剤です。同化ステロイドとしての作用があり、筋肉量の倍増や疲労感の軽減など、様々な効果が期待できます。先に発売されたダイアナボールのジェネリック医薬品で、ダイアナボルと同じ効能を得ることができます。配合されている有効成分は、ダイアナボルに含まれる成分と同じメタンジエノンです。