バルトレックス500mg

バルクロビル500mg(バルトレックス・ジェネリック)

 

 

 

 

 

バルトレックスに関する解説【通販井上薬局】

バルトレックスの有効成分バラシクロビルは、ヘルペスウイルスや水痘帯状疱疹ウイルスが接触感染した細胞に入り、ウイルスのDNA形成を阻害してウイルスの数を増やすのを防ぎます。ウイルスに接触して感染した細胞にのみ選択的に作用するため、ウイルスに感染していない細胞には影響を与えません。

バルトレックスの摂取量(成人の場合)は、症状によって大きさが異なります。帯状疱疹の場合、1回2錠、1日3回服用します。単純ヘルペスには、1回1錠、1日1回服用します。再発性性器ヘルペスの抑制には、1日1回、1錠を服用します。バルトレックスは、単純ヘルペス、帯状疱疹、水疱瘡に承認されています。これらの病気は、皮膚や粘膜に紅斑や飲み水疱ができ、神経に沿った痛みが出現します。

バルトレックスを投与する際には、普段より多めに保湿剤を服用することが大切です。また、医師の指示なしに勝手に服用の可否を判断しないことが大切です。ヘルペスに接触して感染しても、ヘルペスと認識せず、赤みが悪化しているだけと思い、放置してしまう方もいらっしゃいます。しかし、そのような状態を放置しておくと、素肌が悪化したり、外装にウイルスが広がって帯状疱疹などになることもあるので、早期の治療が必要です。

過去にきめ細かいケアよりも効果があった抗ウイルス剤ですが、ヘルペスの症状が現れてから5日以内に服用する必要があります。バルトレックスには、必須有効成分であるバラシクロビルが含まれており、ウイルスのDNA形成を阻害することでウイルスの繁殖を抑制します。ウイルスの増殖を抑えるだけでなく、皮膚の発疹の発生や病巣となった皮膚の状態の乱れを抑制する効果もあります。

ヘルペスの初期症状は、不快感やピリピリ感があるので、表皮症状が出る前に何度か再発する方法がわかってしまいます。このピリピリ感があるうちにバルトレックスによる治療を開始すれば、ヘルペスは簡単に治すことができます。ヘルペスの症状が確認できたら、すぐに治療を開始する必要があります。バルトレックスを常備薬として購入すれば、すぐにヘルペスに対処することができます。

バルトレックスの有効成分であるバラシクロビルは、体内でターンオーバーを行い、アシクロビルに切り替わるとされています。アシクロビルはDNAの構成成分の一つであるdGTPと非常によく似た構造を持っており、ウイルスに感染した細胞内でリン酸化という連鎖反応によってdGTPの代わりにDNAに取り込まれるのです。DNAが空っぽになることで、擬態を正常に完了させることができます。バルトレックスの治療効果は、ウイルス接触感染の初期段階とそっくりになれば、強く発揮されるのです。帯状疱疹の始まりは5日以内、水痘の飲み始めは2日以内にバルトレックスの服用を開始することが推奨されています。

アシクロビルが接触感染した細胞で誘導される酵素(チミジンキナーゼ)によりDNAに取り込まれるためには、リン酸化されることが必要です。ウイルスに感染していない正常な細胞ではリン酸化が起こらないので、アシクロビルがDNAに取り込まれる可能性は低いです。バルトレックスの取り込みを堅持することで、治療中だけでなく、入室終了後のヘルペスの再発を減少させることが可能です。