ウィンゾロン10mg(スタノゾロール)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

ウィンゾロンに関する解説【通販サイクル・スタック】

ウィンゾロンは、筋肉増強の反応がしっかり出て、結果の立ち上がりが早いのが特徴です。さらに、アナボリックステロイド特有の副作用である「男性化」が起こりにくく、女子プロスポーツ選手にも支持されています。ウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールは、減量しながら筋肉量を維持するだけでなく、肝臓や本人の会社でのタンパク質合成を促進することで筋肉量を増やし、傷や火傷によって著しく低下するタフネスを改善します。

有効成分スタノゾロールは、筋肉量の進化に関する効果は乏しいが、筋肉量を維持するためダイエット時にのみ有効なアナボリックステロイドと言われています。1日の摂取量の上限は50mgです。他の薬を待っている人、未成年の人、妊娠中や授乳中の人、前立腺に問題がある方は服用してはいけません。

ウィンゾロンの有効成分であるスタノゾロールは、副作用が少ないと言われていますが、スタノゾロールなどのステロイドホルモンは、自発的に男性ホルモンを生成する働きを低下させます。そのため、長期間の摂取は男性機能が低下する可能性があります。アナボリックステロイドの副作用である「男性化」が意外となく、女性にも使いやすいとされます。

ウィンゾロンは、タンパク質を筋肉に変えることに成功した「蛋白同化ステロイド」とも呼ばれる筋肉増強剤です。有効成分、スタノゾ ロールは、タンパク質の合成を刺激し、筋肉量を増加し、筋肉自体を活性化するための責任があります。ウィンゾロンの使用によりホルモンが分散してガマンしてしまうため、男性ホルモンが優位になることがあります。そのため、ニキビや抜け毛、生理不順などが起こることがあります。異常が出た場合は使用を中止し、医師の診察を受ける必要があります。

病院施設でも使用されている薬で、筋肉増強効果などが特徴です。また、筋肉増強剤にありがちな「男性化」という副作用が起こりにくいため、女性アスリートにも好まれています。ウィンゾロンは、男性が筋肉増強の目的で使用することは推奨されていません。多くの場合、男性は「筋肉を維持するための途中経過として体重を減らす」ために使用することが多いようです。

ウィンゾロンは、2~6mgを食後3回、好きな時間に経口服用します。筋力をつけながら服用すると、より効果を実感できるといわれています。女性にとって「使いやすい」ものは、男性にとって「使いにくい」と言われることがあります。ウィンゾロンは、男性よりも女性が使用した方が、想像以上に筋肉増強効果を発揮しやすいと言われています。ただし、これはあくまでも筋肉量を増やそうとする男性の場合であり、シェイプアップ時の筋肉量不足を防ぐ目的で表示した場合は効果が期待できます。

筋肉量を維持しながら脂肪を落としたい方や、筋肉をうまくつけたい女性におすすめのアナボリックステロイドです。有効成分であるスタノゾロルは、類似薬に比べ副作用が少ないと言われています。通年で服用すると肝臓に負担をかけ、肝障害を起こす可能性は否定できません。シリマリンやウルソデオキシコール酸など、肝臓を守る働きのある成分を摂取して、肝臓を守る対策をすることが望ましいです。