フィンカー5mg(プロスカー・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンカーに関する解説【通販 リサーチ】

フィンカーはプロスカーのジェネリックで、有効成分フィナステリドを配合し、98%の方が「抜け毛が少なくなった」「髪が増えた」と回答しています。フィナステリドは、特に頭頂部の毛髪の本数が減少した方に有効で、M字ハゲにも効果があると言われています。初期脱毛、頭頂部の薄毛、抜け毛の変化が激しい方は、早めに試してみる価値があります。

フィンカーの作用にさらされる前立腺は、男性にのみ存在する臓器です。前立腺は膀胱の下にあり、尿道を取り囲むように存在しています。前立腺の一部は直腸にも接しているはずで、直腸の壁から指で触ることができます。フィナステリドは、通常、前立腺肥大症の治療に1日5mgの用量で使用され、現在では、落ち着きのない上昇傾向にある育毛効果が認められた男性型脱毛症に使用されています。

有効成分フィナステリドはDHTを抑制し、排尿障害や前立腺肥大症の症状も改善します。AGAの原因であるジヒドロテストステロンの生成を抑制し、ヘアサイクルを正常化させます。この影響により、抜け毛や頭髪の脱毛を防御し、脱毛の順序にモラトリアムを課すだけでなく、発毛を促進することができます。

フィンカの服用で髪の状態が決まるからと言って、効果がないわけではありません。抜け毛の一連の流れを抑制し、髪の停滞や増毛が少なくなることを防いでいるといえます。実際、3年間服用した人の90%以上が効果を実感しているという情報があります。AGAは長期的・継続的な治療が必要なため、使用する薬代が患者の経済状況に大きなマイナスとなることがあります。現状では、フィンカーを分割して服用することが、最も費用対効果の高い治療法です。

フィナステリドを1年間服用していた人が服用を中止すると、1年程度で増えていた髪の量がフィナステリド服用前の状態に戻ることが確認されています。男性型脱毛症は男性ホルモンが関係しており、前立腺肥大症、ニキビ、男性型脱毛症などの症状とともに、1950年代から研究が進められてきました。

フィンカーの有効成分であるフィナステリドは、5αリダクターゼという酵素することで、テストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を阻害し、発毛させるというものです。なお、フィナステリドは、非男性型脱毛症や女性型脱毛症の治療には適応されません。フィナステリドは、5αリダクターゼ酵素の作用を阻害することで、テストステロンがDHTに変換されるのを抑制します。その結果、髪がない、前立腺肥大などの症状を改善することができます。

プロペシア錠と比較すると、フィンカーは約10分の1の価格で購入できます。有効成分はフィナステリドで、効果も同じです。プロペシアのジェネリック医薬品を固めたフィンペシアよりコストパフォーマンスが高いです。フィンカーは、前立腺肥大症(BPH)や男性型脱毛症(AGA)の治療薬であるプロスカーのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社シプラ社が製造・生産しているものです。フィナステリドの働きにより、男性の髪の少なさを根本から改善し、治療します。フィナカー5mgは通常の5倍の効果があり、最も効果的な製品となっています。