トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

トラセミドに関する解説【エージェント通販】

個人輸入ができなくなったフロセミド(ラシックス)に比べ、トラセミドは利尿作用が10~30倍、抗浮腫(むくみ)作用が10倍と強力で、フロセミドの代替薬として多くの人に使用されています。利尿作用により、使われなかった水分を体外に強制的に排出し、心不安や血圧、むくみを改善します。また、血流やリンパの流れを改善し、スリムな体型に導くことから、大型量販店向けの利尿剤ラシックスの「およそ5倍」の効果があるとされ、人気商品となっています。

トラセミドは強力な利尿剤で、腎尿細管での水分や塩分の再獲得を抑制し、尿の回数を増やします。体内の余分な水分や不要物を排出することで、むくみの解消や肌ツヤの向上、ダイエット効果が期待できます。トラセミドは強力な利尿薬ですが、他のループ利尿薬に比べて低カリウム血症になりにくいという利点があります。

ラシックスとされる他のループ利尿薬はカリウムキープ薬ではなく、血液中の水分とともにカリウムの尿中排泄を促進します。一方、血中のカリウムが不足しにくいという利点を持つトールは、低カリウム血症に伴う副作用のリスクを抑えながら、むくみの症状に対応できる特性を持っているのです。トールの有効成分であるトラセミドは、フロセミド(ラシックス)よりも強力に、図中の未使用の水分を放出し、むくみを改善します。

尿は血液が腎臓を通るときにろ過されて作られますが、トラセミドは水分を加え、ナトリウムの再吸収を防ぐことで尿量を増やします。利尿剤は数多くありますが、トラセミドは効果の信頼性が高いため、最も多く服用されている薬剤の一つです。トラセミドは、腎臓の尿細管が塩分や水分をつかんで体外に押し出すのを防ぐことで、尿の出る回数を増加させます。体内に蓄積された水分が抽出されるため、むくみが改まるのです。さらに、消費しきれなかった血液中の水分を減らし、血管壁のナトリウムを燃焼させることで血圧を下げる効果もある。水分が減ることで体内を巡る血液量も減るため、血液を循環させるポンプである心臓への負担も軽減されます。

有効成分のトラセミドは、腎尿細管でのナトリウムの把握(塩味)を抑え、尿量を拡大することで、人体に負担をかけることなく不要な水分や有害物質を排出することができるのです。ただし、摂取後1時間程度で頻尿になるため、外出時や就寝前の使用は控えた方がよいでしょう。トラセミドは、体内の未使用の水分を放出し、相や足の浮腫みを改善する利尿剤で、ラシックスよりも強力な効果があります。

トールはインドの大手製薬会社が製造する高価な医薬品で、体内に取り込まれると強力な利尿作用を発揮します。トールの副作用として最も多く報告されているのは、喉のイガイガ、めまい、ふらつき、頻尿などです。めまいやふらつきは、血圧の急激な低下で発見される症状ですが、心配は要りません。副作用については、低カリウム血症、高カリウム血症、血中血清尿酸値上昇、血小板減少、黄疸などの重篤な症状を引き起こすことが報告されています。