プロペシア28錠(EU版)

フィンペシア100錠(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

プロペシアに関する解説【ジェネクリ公式 通販】

フィナステリドは、日本皮膚科学学会のAGA治療推奨度で最高ランクAと判定され、AGAに非常に有効であることが認められています。国内で実施されたプロペシアの臨床試験では、日感謝(13名)の98%が前頭部と頭頂部の一連の脱毛を抑制することに成功しました。臨床試験の対象者は、AGAを発症した20代から50代の男性です。臨床試験では、プロペシアを1日1錠、おおよそ半年以上服用していました。

プロペシアは1回の摂取ではなく、6ヶ月以上継続して供給することで、ヘアサイクルを正常化し、抜け毛を予防する治療法です。プロペシアを6ヶ月間服用しても明らかな発毛効果が見られない場合は、服用を中止した方がよいでしょう。少しでも発毛効果が見られる場合は、服用を継続することが推奨されます。フィナステリドは、男性ホルモンが関係するAGAにのみ有効です。円形脱毛症やその他の脱毛症には効果がありません。

この薬には強い発毛作用はなく、脱毛症の進行役を抑制する程度です。そのため、髪の乏しさに気づいてから、できるだけ早く服用を開始することが重要です。発毛効果を期待するのであれば、プロペシアとミノキシジルを同時に使用することが推奨されます。髪が少なくなった、薄毛の症状が改善したからといってプロペシアの服用を中止すると、プロペシアのAGAに対する効果がなくなり、AGAが再発してしまうので注意が必要です。

プロペシアを服用してすぐに発毛効果が見られたとしても、その効果を持続させるためには、プロペシアの服用を継続することが重要である。ということが確認されています。プロペシアは持続的な服用により、1年以上効果を維持することが確認されています。プロペシアは、DHTの量を継続的にコントロールすることで、頭頂部や前頭部の毛髪の成長サイクルを改善します。これにより、毛乳頭が活発に労働して定着し、生命力が強い毛髪に生まれ変わります。プロペシアの使用を継続することで、抜け毛の本数が減り、AGAの症状が改善されはじめます。

プロペシアは、男性ホルモンの生成に関わる酵素である5αリダクターゼの活性を阻害することから、5αリダクターゼ阻害薬に分類されます。悪玉男性ホルモンであるジヒドロバレロン(→DHT)の生成を抑制するため、DHTブロッカーと呼ばれることもあります。プロペシアは、世界で最も有名な男性型脱毛症治療薬で、日本ではMSD株式会社が製造・販売しています。有効成分として1錠あたり1mgのフィナステリドを含有し、5αリダクターゼ阻害剤という脱毛症治療薬です。

プロペシアは、医学的に効果が確認された初めての男性型脱毛症治療薬です。現在、日本国内のクリニックや皮フ科で処方してもらうことができます。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、AGAの直接的な原因である男性ホルモン(DHT)生成物を小さくする作用があります。この作用により、ヘアサイクルの乱れが進み、AGAの長期化と発毛促進が期待されます。プロペシアは、1997年に世界初のAGA治療薬として米国FDAに承認されました。その後、世界中に普及し、60カ国以上で承認されています。日本では、2005年にプロペシアが承認され、10年以上にわたってAGA治療薬として選ばれています。