ゾビラックス200mg(アシクロビル)

ゾビラックスクリーム

 

 

 

 

 

ゾビラックスに関する解説【通販リサーチ】

ゾビラックスは、ヘルペスや水疱瘡に有効な接触感染症治療薬です。有効成分のアシクロビルは、ヘルペスの原因となる病気の原虫の増殖を抑え、死滅させたり縮小させたりします。ヘルペスの症状としては、口、唇、目などに接触感染します。体の免疫力が低下したときに発症しやすいため、疲労やストレス、睡眠不足などで再発するヘルペスの再発防止と早期治療に高い効果を発揮する薬です。

この薬の作用は、ヘルペスウイルスの遺伝子の子のDNAの増加を抑制することです。したがって、ヘルペスウイルスが増殖して増えるのを防ぐことができるのです。ヘルペス発生の初期にゾビラックスを服用することで、弱った状態を抑え、回復を早めることができるので、さらに効果的だと言われています。抗ウイルス剤なので、服用時はミネラルウォーターを多めに摂取することが望ましいとされています。

再発を防ぐために、早めの治療をお勧めします。内服薬に抵抗があるヒトは、外用薬であるアシビルクリームを試してみてください。ゾビラックスは、正規メーカーであるグラクソ・スミスクライン(GSK)社の正規品です。ヘルペスはヘルペスウイルスによる接触感染症で、ヒトに感染するヘルペスウイルスは8種類知られています。症状は、感染しているウイルスによって異なります。代表的な疾患としては、単純ヘルペスウイルスによる口唇ヘルペス、性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウイルスによる水痘・帯状疱疹などがあります。

ゾビラックスの副作用は少ないとされていますが、人によっては、かゆみ、発疹、立ちくらみ、眠気、頭痛、下痢、胃腸の痛み、嘔吐、胃痛などのコミュニケーションが起こる可能性があるとされています。これらの症状や体に異常が現れた場合は、直ちに服用を中止してください。服用を中止しても症状が続く場合は、最寄りの看護区にご相談ください。ゾビラックスを投与した場合と放置した場合では、発病から鎮静までの日数に大きな差があります。全日本性感染症学会のガイドラインによると、高熱を伴う急性型ヘルペスが自然治癒するのに2~3週間かかるのに対し、ゾビラックスなどの治療薬を投与すると1~2週間で再生が可能となり、その後停止するそうです。

アシクロビルは、ウイルスに接触感染した細胞で活性型になるため、正常な細胞に対しては悪点性が少ないと認識することができます。アシクロビルを経口投与する場合、消化管の把握が悪いため、成人で1日5回、小児で1日4回と頻回に摂取する必要があります。ゾビラックスは、性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスの増加を抑え、接触感染を治すとともに、再発を予防する効果があります。