フィンペシア(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

フィナロイド(プロペシア・ジェネリック)

 

 

 

 

 

フィンペシアに関する解説【通販キングダム】

フィンペシアは、AGA治療薬として高く評価されているプロペシアの後発品であり、1錠あたり30円という低価格で購入できますので、プロペシアの代用品として利用する人も多くいらっしゃいます。AGAの原因は、DHTと呼ばれるある種の生成物であり、このDHTが原因で髪の毛がスカスカになったり抜けたりする男性ホルモンなのです。フィンペシアの有効成分であるフィナステリドは、このDHTの作用を抑え込むことで、発毛や育毛を促してくれるのです。

フィナステリドを2~3年継続して使用することで、新しく生えてくる髪が太くなり、軟毛や抜け毛が目立っていた部分の健全性が増すことが確認されています。フィンペシアには、着色料であるキノリンイエローが含まれていません。キノリンイエローは、タールから作られる合成着色料(天然状態ではタール色素)で、日本では黄色203号として外用薬や化粧品に使用されています。

AGA(androgenetic alopecia)は、20歳以降に体内に存在するとされるDHTと呼ばれるホルモンが原因で発症します。フィナステリドは、テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結合するのを阻害し、髪がない原因である男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)を生成します。ジヒドロテストステロンを排除することで、脱毛という手順を回避し、切れやすい髪も強度を取り戻し、太く深く、まとまりのある髪にすることが期待できます。

DHTは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる酵素が手を組み、DHTを形成することで作られます。フィナステリドは、2型5αリダクターゼを阻害することでDHTの生成を抑制し、毛髪の希少性を低下させることができます。2型5αリダクターゼの活性を抑えることで、フィンペシアはDHTの産生を防ぎます。毛母細胞を保護することで、抜け毛や髪の乏しさを防ぐことができます。

ミノキシジル配合の外用薬や内服薬(ミノキシジルタブレット)を併用することで、抜け毛の解消と発毛の増殖の両方を実現することができます。フィンペシアは、プロペシアの男性型脱毛症用内服薬として最も有名なジェネリック医薬品です。先発医薬品と同じ有効成分フィナステリドを1mg含んでいるので、長い間平凡だったAGA治療のコストを下げながら、近い治療効果を得ることができます。

1錠30円というフィンペシアは、非効率的で不安な部分をカットすることができます。3年、40年と服用が制限されているAGA治療薬でフィンペシアとプロペシアの費用を比較すると、服用後6ヶ月目線では控除額が3万円、3年目線では17万円となり、大きな金額になっています。その差は、治療費に必要な金額です。

AGAになると、ヘアサイクルが乱れ、髪が十分に成長する前に抜けてしまいます。フィンペシアを使用すると、ヘアサイクルが整うことで、新しい髪がどんどん生えてくるのです。たった一本の髪を、あなたの頭に抱きかかえるようにするつもりです。フィナステリドは頭部の皮脂分泌を抑える効果があると言われており、皮脂で滞っていた血行を促進し、毛髪を活性化させる効果が期待されます。