トール20mg(ルプラック・ジェネリック)

ダイトール10mg(ルプラック・ジェネリック)

 

 

 

 

 

ルプラックに関する解説【通販最安値購入】

ルプラックとラシックスの違いは、一般的に排尿回数が10倍になるのではなく、1回あたりの排尿回数にズレがあることです。ルプラックが人気商品となったのは、ラシックスに代わる検討材料として注目されたからです。実は、ラシックスの成分はトラセミドではなくフロセミドで、それぞれ独自の成分であり、効能や作用に違いがある。

有効成分のトラセミド(トルセミド)は、価値のない老廃物を尿として体外に押し出すので、体の内側からきれいにすることに優れています。ルプラックは、インドに本社を置くシプラ社によって形成され、販売されています。シプラ社は、インドのムンバイに本社を置く製薬会社で、1935年から続く長い歴史を持つ会社です。シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インドではジェネリック医薬品市場に参入しており、インドにおけるジェネリック医薬品のシェアの多くを占めています。

ルプラックの有効成分であるトラセラミドは、腎臓に作用して、体内の使い切れない潤いを出す。これにより、むくみの解消やスリムアップが期待できる。また、毒素も一緒にカットすることができるので、老廃物の排出効果も期待できます。利尿剤ルプラックは、世界中でふんだんに使われているフロセミド(商品名ラシックス)と同じ系統の強力な利尿剤です。体内に蓄積された余分な水分を排泄し、心臓の不安を軽減し、浮腫(むくみ)を改善する効果があります。

体内の不要な物質が排出されずに滞留すると、細胞に水分が多く含まれ、むくみが生じます。それがさらに脂肪細胞に変化し、体内に滞留して脂肪やセルライトの畑となるため、むくみを取りたいお客様に人気です。ラシックスを使用したことによる副作用はいろいろと報告されていますが、ルプラックによる副作用はありません。むくみやダイエットのために利尿剤を使用している消費者は、ルプラックを服用することをお勧めします。

新しいループ利尿薬であるルプラック(トラセミド)は、ラシックス(フロセミド)に比べてカリウムの生存率が優れているため、カリウム不足になりにくく、大丈夫だけど高値で持ち込まれる可能性がある、という特性を持っているのだそうです。一般的に知られているラシックスなど、トラセミドを持たない他のループ利尿薬と比較しても、筋肉痛や筋力不足の原因となる血中カリウムの減少(低カリウム血症)を起こしにくい魅力を持っています。

ラプラックは、顔面や体表の浮腫を起こす利尿剤で、体内の余分な水分を排出することで血圧を低下させます。有効成分としてトラゼミドを10mg含有しています。トラゼミドは「ループ利尿薬」と呼ばれる利尿薬です。浮腫は、心臓や肝臓、腎臓の機能が低下し、体内に余分な水分が溜まってしまうことで起こります。トラセミドは心臓や肝臓の興奮を抑え、腎臓の尿細管に多く含まれる余分な唾液や水分をせき止めて尿量を増やします。ルプラックはラシックスと比較して、カリウムの運搬能力が低く、低カリウム血症を起こしにくいのが特徴です。また、脂肪の代謝との関連性が低いため、食物アピールを起こしにくいとされています。