クロミッド・ジェネリック(Klomen 50mg)

 

 

 

オキシポロン50mg(オキシメトロン)

 

 

 

メダナボル10mg(メタンジエノン)

 

 

 

 

 

クロミッドに関する解説【ワールド通販】

クロミッドは、排卵誘発剤のジェネリック医薬品です。服用することで、排卵を促し妊娠しやすくします。また、筋肉増強のためにアナボリックステロイドの使用している方が、副作用として露呈する男性ホルモンが弱くなる症状を早く克服するために服用されます。排卵が正常に行われていない状況であれば、不妊症の再検査に排卵誘発剤としてクロミッドを取り入れることができます。卵胞の成熟に必要なホルモンの分泌を増加させる効果があります。

卵胞が十分に成熟し、熟したときに排卵を誘発すると言えます。大きな問題が出ることは少ないと言われていますが、注意すべき副作用もあります。薬が効きすぎると、まれにですが卵巣が腫れて痛みを感じることがあります。下腹部の痛みを感じたら、医師に相談してください。その他、頭痛、吐き気、疲労感、イライラ、視覚症状と思われるものなどが報告されています。

エストロゲンが少なくなると、卵胞を育てるために卵胞発育ホルモンが増えます。排卵日を把握し、妊娠の可能性が高いときに性行為を行うとよいでしょう。月経リズムが不安定だと、排卵日照りを予測できず、妊娠の可能性が低くなります。排卵誘発剤を服用すると、2週間後に排卵が起こることがあるため、パターン法の成功率を高めることができます。排卵誘発剤は、不妊症に悩む女性(無排卵性頻尿)のための排卵誘発剤で、不妊症の治療に使用することができます。

不妊治療では、薬の処方を受けるだけでも通院費や薬代、使用料が思いのほかかかります。有効成分のクエン酸クロミフェンは、内服することで排卵を促す卵胞刺激ホルモンの量を増やし、放出される卵胞力の源ホルモンにより卵胞が成熟し、黄体清澄ホルモンにより排卵が正常排卵へと向かい、生理のない排卵状態になるのです。嚢胞性排卵の排卵成功率は70~80%、第一度無月経の場合は60~70%といわれています。卵胞食ホルモンの分泌を増やして卵胞の発育を促し、排卵に導きます。

クロミッド服用による効果は、排卵を安定させ、排卵を予測しやすくするため、治療時や人工授精時の妊娠の確率を高めることです。FSHはその一部で、男女ともに生殖細胞の成熟を促し、男性が服用すると精巣の活動を活発にして精子を大量に生産させる作用があります。また、LHは精巣のライディッヒ細胞に作用して、男性ホルモンであるテストステロンの産生を促します。排卵誘発剤は、最終的に非常に強烈な効果を発揮し、それを取り入れることで、ゼロ排卵のお客様の約70%以上が排卵の目標を達成する提示を提供します。

クロメンは、コケティッシュ・ファーマが開発した排卵誘発剤で、クロミッドのジェネリック医薬品です。筋肉増強のためにアナボリックステロイドを服用すると、脳が体内には十分なホルモンがあると判断し、外部からのテストステロン補充を利用し、テストステロンの生産量が減少する副作用があります。クロメンは値段が安く購入しやすいので、アナボリックステロイドのケア剤として注文される方が多いです。