ノキシジル(ミノキシジルタブレット)ボトルタイプ

ノキシジル(ミノキシジルタブレット)シートタイプ

 

 

 

カークランド(ミノキシジル5%)

 

 

 

 

 

ミノキシジルに関する解説【通販井上薬局】

ミノキシジルタブレットに含まれるミノキシジルには血管を広げる効果があるため、服用すると血液の循環が良くなるのです。頭部の毛細血管に血液が流れると、豊富な栄養も行き渡り、髪に栄養が行き渡りやすくなるため、育毛・発毛が促進されるのです。毛乳頭に近い部分には毛細血管が密集しており、毛乳頭は毛細血管から栄養をもらって活動をしています。しかし、血流が悪いと十分な栄養を受け取ることができず、機能を停止してしまうはずです。ミノキシジルタブレットを服用することで、血行がスムーズになり、毛幹の血管が拡張し、頭皮の血行が良くなります。

毛乳頭細胞は毛母細胞に指示を出しているので、栄養不足になると毛母細胞が機能しなくなり、発毛が妨げられることになります。また、毛乳頭の栄養不足はヘアサイクルを停滞させる原因にもなるので、頭皮の血流は育毛にとって非常に重要なのです。ミノキシジルタブレット(ノキシジル)は、日本でAGフリー剤治療薬として有名なリアップと同じ有効成分ミノキシジルを含む医薬品ですが、リアップの外用剤とは異なり、内服用のミノキシジル錠剤です。

ミノキシジルタブレットの有効成分であるミノキシジルは、もともと血管を拡張して血液の流れをスムーズにする降圧剤として整理された経路を持っています。そのため、ミノキシジルタブレットは男性型脱毛症だけでなく、高血圧の改善にも効果的なのです。ミノキシジルとプロペシアの同時使用は、AGAの治療において緩急をつけるとされています。ミノキシジルを外用薬として、プロペシアを内服薬として併用する設計や、ミノキシジルの別設計も多くあります。

ミノキシジルタブレットは、そもそも、高血圧の治療に活用できる成分です。血管平滑筋を弛緩させ、血管を広げ、血圧を下げるという作用があります。育毛・発毛への影響は、頭皮の血管拡散と血流の進化によって示されます。AGA(男性型脱毛症)は、テストステロンが5αリダクターゼ酵素によってジヒドロテストステロン(DTH)に変換され、毛母細胞が抑制されることで抜け毛や髪がスカスカになる病気です。

ミノキシジルタブレットは短期間で効率的な発毛効果が期待できますが、最低でも3ヶ月は飲み続けることが推奨されています。AGAは自然治癒のリスクが低いので、できるだけ早く治療を開始することが大切です。ミノキシジルやプロペシアによる治療はもちろん重要ですが、それと同じくらいライフサイクルのヘアアフターケアも重要です。

塗るタイプの育毛剤は、抜け毛の初期症状には有効ですが、施術中に進行した抜け毛にはあまり効果がありません。育毛剤として認められているミノキシジルタブレットは、体の内側から作用させることを目的としているため、より強力な効果を発揮するとされています。ミノキシジルタブレットの発毛効果は、飲み続けなければ持続しません。飲むタイプの薬で育毛を継続するためには、高血圧の治療薬として活用する場合は、既知の副作用を意識して、できるだけ飲み続けられるようにすることが必要だと言ってよいでしょう。